〜 趣味FX 〜

運命が変わる日。2018年04月01日まで
あと 194 日

2015年05月04日

円安と、円高って何だ?


8ecc939ffcfc537adbc12a1833f34482_s.jpg


朝のニュースで、日経平均がなんちゃらで
1ドル 何円になりましたー。 なんて、やっていたりします。


よければ、応援ポチッお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


興味のない人からすると、本当にどうでも良い話なんですが
世界のお金が どう回っているのか? ということに
耳を傾けると 違った見方が出来ます。


「 円安と円高など言われていて、円が 安い? 高い?
  でも、1,000円札は 1,000円でしょ? 」 なんて思います。


スポンサードリンク






確かに、日本の中で暮らしていると 1,000円札の価値は
1,000円のままであって それ以上でも、以下でもないです。
しかし、外国からすると 日本円は持ち合わせていなくて
ドル換算で 物事を考えます。


日本でも、アメリカドルを保有していれば 1ドルあたりいくらだ
と考えるのと一緒です。 そもそも、売買とはなんぞや?というのは
過去記事を見て下さい。


→過去記事: 円を売って、ドルを買うとは どういうことか?


円の価値が安くなれば、円安。高くなれば、円高です。
1ドル = 100円 だったとすると、外国から見て
100円分の商品を買おうとすると、1ドルで済みます。
200円分なら、2ドルです。


で、円が値上がりして 1ドル = 200円 となったときに
同じ商品を買おうとしているのに、100円分を買うなら
0.5ドルで済みます。 200円分なら、1ドルになります。


つまり、1ドル 100円だったものが、1ドル 200円に
なることによって、支払うお金が ドルに対して
安くなれば 円安。 高くなったら、円高です。

ラベル:金利 FX
posted by 30nomoney at 21:19| Comment(0) | お金持ちになる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ