2019年02月10日

Kirklandの投資金は、損益通算可能。改めて掲載


過去、Kirklandの投資金および、利益獲得後の再投資について
最初の入金だけ 損益通算可能だと お伝えしました。
誤りであることが分かりました。


結論、損益通算は 入金および再投資でも可能です。



具体的な例として、競馬などが似ています。( 税法は、違います )
掛け金として、お金を投じて 予想が当たれば当せん金が得られます。
掛け金は没収され 運営費となります。



掛け金 と 当せん金 が、
Kirkland運営の回収と配当金となります。



再投資については、いわば 倍プッシュです。
既に得た配当金には税金が発生し、投資金は経費となります。
税金計算を行うときの、参考となれば幸いです。




余談:
昔、競馬にて はずれ馬券は経費になるのか? という裁判がありました。
争点は、税法上 一時所得の場合 当たり馬券のみ経費。(100%勝ち目なし)
雑所得扱いとなれば、はずれ馬券にも 経費となる可能性がある。


所得税法34条1項:
営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得


結果、営利を目的に、購入方法や回数の頻度が 継続的に行われていると判断され
雑所得として認められたことで 経費となる判決がでました。


*******

仮想通貨は、そもそもが雑所得扱いなので良かったです。
一時所得でしたら 損した分は経費として認められないですから。





〜 新規登録はこちら 〜

☆ Kirkland
オススメ度 ☆4
・日利 7.00%あり。 $10ドルから運用可能。
・他にも複数案件あり。月利 140%以上。
・超高額案件!!

( 過去記事 )
 ◆ Kirklandという配当案件(日利7%)のご紹介。



おしまい。
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪


↓ お金を稼いでいる人が、他にもたくさん
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


posted by 30nomoney at 23:36| Comment(0) | PlusToken | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ