2019年05月24日

仮想通貨の税金の話。


**********************************
以下の内容は、正確でない恐れがあります。
内容を整理して、税理士さんへ相談してきます!
**********************************



まだ先のことだと思わずに、今の内から
税金のことを 考えることにしました。
本業のサラリーマンが、暇だったので 試算してみました。



ということで、こんばんは。 30nomoneyです。
2019年5月現在、仮想通貨の税金は 雑所得扱いとなっています。
さらに、忘れがちなのが 住民税 です・・・。



” 億万長者になったら、どう立ち回るべきなのか? ”



結論から言いますと、次の二択です。
----------------------------------
 A) 手堅く出金する。

 B) 複利運用する。
----------------------------------



当然ながら、配当が出れば 収益です。
そして、再投資を行うと 支出となります。



でね。 えぐいのが、税率なんですよ。
雑所得の最高税率は、なななんと! 45% です。
住民税は、一律で 10%  合わせたら?
・・・55% ですね。



1年間に 1億円の配当益があった場合、5,500万円が税金となります。
儲けたお金の、6割を 持っていかれると考えると分かりやすいかな?
はんっっっっっっっぱ じゃない!!!! ですよね!!!!!



-------------------------------------------------------
A) を選んだ方は、税金 5,500万円を支払って 4,500万円が残ります。

B) を選んだ方は、1億円を丸ごと再投資して 支出に計上。税金ゼロにします。
-------------------------------------------------------



「税金ゼロ! すごい!! B) 一択じゃね!?」 というのは早計です。
ぶっちゃけ、投資サイトが年明けに 飛ぶ可能性もあります。
確かに 税金の支払いは無いですが 利益も無い・・・。
今までの苦労は、夢か幻か・・・。 水泡に帰す。 おーん。



A) を選ぶと、税金の支払いを行うときに
もんんんんんんんんのすんんんごぉおぉおおおおっっっっく!!!
損した気分になります。 もう、ショックです。 鼻からうどんが出ちゃいます。



**********************************************
で、考えたんですが 得た配当金から 50%以上。
欲を言えば 80%〜90%を出金して 残りを再投資する。
投資サイトが飛んだあとの損失を減らしつつ、
税金の支払いへ充てるお金を 手元に置いておく。
**********************************************



---------------------------------------------
例)
1億円の配当益。 50%ずつ出金&再投資。 税率 45%+10% = 55%

@ 再投資 5000万円の支出計上。 1億円 - 5,000万円 = 5,000万円
A 利益は、5,000万円になる。
B 税率 55%を計算。 5,000万円 × 55% = 2,750万円の支払い
C 手元には、2,250万円が残る。 再投資分は、5,000万円のまま。
---------------------------------------------



分かり切っていることですが、 "あえて" 言わせてもらいます。

含み益は、絵に描いた餅です。
利益確定してこそ、お金を手にできるんです。




大事なことなので、もう一度 言います。

儲けたお金は、出金してこそ 価値があるんや!




「せやかて、工藤!」
「再投資が、楽しすぎて やめられへんやないか!」
「はいとーー! サイトがッ 飛ぶまで 再投資をやめないッ!」



 やめられない とまらない。 かっぱえびせん。



おしまい。
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪


 ↓ お金を稼いでいる人が、他にもたくさん
にほんブログ村 投資ブログへ
ラベル:確定申告
posted by 30nomoney at 05:50| Comment(6) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先程、税理士に相談しに行ってきた。

@配当や利息を受け取ったら課税対象になります。円に換算したら課税というのはおかしいです。
例えば、ビットコインがずっと値上がりしていても他の通貨や円に換金した場合は、換金のタイミングで課税されます。
一方で、ビットコインで配当や利息を受け取った場合は、配当や利息が課税対象になるため、換金とは別のタイミングで課税されます。
との事です。
Posted by Kappa at 2019年05月30日 21:56
> Kappaさん

税理士さんへ、相談に行かれたんですね!
情報ありがとうございます。なるほど。


・課税対象

@ 配当・利息の受け取り
A 仮想通貨同士や、日本円への交換(換金)
B マイニング報酬

Posted by 30nomoney at 2019年05月30日 22:17
30nomoney さんへ

はい。(*^^*)

税理士の話だと、影響が大きい配当金なら、それを集計して下さいそうです。
影響が少ないビットコインの場合は、計算しなくても問題がないけど、、一応、年間損益報告書を持って下さい。との事です。

今度、税金についてのことをここのブログに書かれるのを楽しみです。

宜しくお願いします。
Posted by kappa at 2019年05月31日 21:24
> kappaさん

年間損益報告書__((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

おっけ〜です。
実は、2018年の確定申告をやりまして
その時に提出したので その辺りを記事にしますねb
Posted by 30nomoney at 2019年06月01日 07:05
Tesslineが飛ばされたみたいね。

税理士に確認したら。飛ばされてしまったら、履歴が残ってない場合は、出金に対しての課税となるそうです。
なるほどと思うけど、、、知っていますかな??

まぁ、とりあえず、ブログでも待っています(*^^*)
Posted by kappa at 2019年06月10日 22:16
> kappaさん

おー!もやもやが解消されましたb
良かったです。情報ありがとうございます。

投資サイトが飛んじゃうと、取引履歴を追いかけるのに
困っていました。 助かりますbb
Posted by 30nomoney at 2019年06月11日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ