2019年05月30日

投げ銭の税金は、どうなるの?調べてみた


ちまたで話題の、投げ銭。
仮想通貨でも、よく行われています。



あれって、税金は どうなの? 調べてみました。



■ 参考となったサイト様
------------------------------
氷犬の犬小屋WORKS

⇒ 記事名:
仮想通貨の投げ銭に税金はかかる?売った時も合わせて考えてみた
https://icedog-works.com/crypto-tax-nagezeni
------------------------------



■ 投げ銭を受け取る方は、贈与税か所得税扱いになるようです。



*********************************************
・何度も継続的に、定期的に得ているならば 所得税。

・数回レベルなら、贈与税。
*********************************************



まぁ、ほとんどが 贈与税でしょうね。
受け取る方は、年間 110万円までは 非課税になります。
110万円を超えた分が、税金発生です。



うん。これは、分かりやすい。
問題は、次だ。



■ 投げ銭をした方は、どうなるの?

------------------------------

なんと、売買をした扱いと同等になるようです。

取得した金額 − 投げ銭した金額 = 税金発生 (!?)

------------------------------



つまりだ。
1 ETH 3万円 の時に買う。
1 ETH 5万円 の時に投げ銭する。 ( 太っ腹に、1 ETHをどーん! )


5万 − 3万 = 2万円 ※ この 2万円に対して、所得税が発生!



な、なんだってぇぇぇええええぇええぇぇぇええええ!!!??
どういうことだってばよ! 教えてくれ、キバヤシ!!!



解説:
3万円で買ったETH を、5万円に値上がりしたときに 投げ銭するとだ。
ETHをあげたにもかかわらず 差額の 2万円を支払え! という
泣きっ面に蜂 をしなきゃなんねえんさ。



ぶっちゃけ、意味が分からん。
まったく、儲かってないじゃんか。
ちょっと、お高い 消費税みたいなもんなのか?



まじかぁあああぁあああああああ。



投げ銭した方は、売った扱いなんだろね。
んで、儲かったお金を捨てちゃったけど 税金も払うと。



ちゅうことはだ。 配当案件とかで、新規登録してくれた方へ
「〇円分の、仮想通貨をあげます!」 というのは、相当がんばっているんだな。



客寄せパンダではなくて
本当に、渡しているならばね。




おしまい。
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪


 ↓ お金を稼いでいる人が、他にもたくさん
にほんブログ村 投資ブログへ

posted by 30nomoney at 22:53| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ