2019年06月07日

カネカ転勤問題。本質と対策


カネカ転勤問題が、話題になっています。
ワークライフバランスという言葉を、耳にするようになってきました。



結論から言いますと、
” 転勤者には、給料を 今までの 2倍払う ”



■ 経緯

ある男性が結婚。子宝に恵まれ、2人。 0歳児と、2歳児。
まだ、小さいので育休とって マイホームも買って充実。
いざ復帰したら、転勤辞令。 猶予は、1ヵ月切っていて強制と。



「 できるかぁああぁああああ 」状態。



売り上げを伸ばしたい会社側の言い分も、わかるっちゃ〜わかる。
転勤辞令なんて、どこもかしこも そんなもん。
2週間で、異動しろ なんてのもあるし。



昔は、それが普通だった。
文句を言わなかったのは、2つの理由があったから。



-----------------------
・年功序列の高い給与

・終身雇用
-----------------------



どちらも、保証されていない 今の時代で
ネット・SNSが普及した このご時世で
あのコメントだと、反感を買うのは 当たり前。



本質は、 ” 給料が安くて、生活ができない ” ってことだと思う。
だから、 ” 転勤者には、給料を 今までの 2倍払う ”



子育てが大変なのは、給料が低いから 生活するのに
男性だけでは賄いきれず 共働きにならざるを得ない。
給料が増えれば、家政婦さんを雇えたり 育児に専念できたりする。



正直、転勤する人って 優秀な人が多いんですよ。
スキルアップや応援体制もあるけど、他部署の立て直しをするのがメイン。
要は、次期社長候補なわけだ。



社員は、転勤中 子育てに関われない。成長を、見ることが出来ない。
会社は、誠意として 対価を払うべきではないだろうか?



「 転勤の間 毎月50万円を給与とする。
  その代わり、成果を上げてほしい。」




社員の事情を考慮して、こんなことを言われたら、
めちゃめちゃ頑張っちゃうけどな。感動してしまう。
一生働きたいし、 誇りに思う。 恩返し。



本気で、会社を良くすることを考える社員が増える。
先行投資としては、悪くないんじゃないか?
" 人財は、宝 " だと 私は思う。



おしまい。
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪


 ↓ お金を稼いでいる人が、他にもたくさん
にほんブログ村 投資ブログへ


posted by 30nomoney at 01:25| Comment(0) | 悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページの先頭へ